FC2ブログ

ピーター・アナツォーネセミナーまとめ

11月22日のスペシャルクラス及び、23日に行われたピーター・アナツォーネセミナーで学んだことを、ざっとまとめてみました。


〈ステップについて〉
・歩く練習。ピーターはこれを非常に重視し、毎朝千回やっている。
リラックスをして立って、片足に体重を乗せるともう一方の足が軽くなり、ラクに動くようになる。その軽くなった足を息を吸いながら踏み出し、息を吐きながら着地する。着地した足に体重が完全に乗るように。特に踵が浮きやすいので、きちんと踵にも重さがかかって着地できるようにする。

これをゆっくりと、着地した足にきちんと重さを乗せながら行なう。初めはぐらつくが、呼吸によるリラックスで安定して行えるようにしていく。

・前に歩くときは背中から進んでいくようにする。前に進むときはつい身体の前面に意識がいってしまうが、あえて背中から進んでいくことで、全身を1ユニットにして移動していくことが出来る。

・歩くということは体重を移動させるということ。上半身がいくら動いても下半身が動かなければ体重の移動は起こらず、体重を相手に伝えることもできない。

・相手に力を伝える時も、息を吐きながらやることで効果的に体重を伝えることができる。


〈テイクダウンについて〉
攻撃してくる相手を崩す原理をいくつかに分類して紹介。それぞれを体験していく。

まずは相手に押してもらい、それを受け流す練習。それがベースになる。自分から動かず相手の力に乗って動く。
このエクササイズをうまくやるコツとして、押された側の反対側の動きに注目する。例えば右側から押された場合、つい右側に意識がいくが、あえて左側を意識することで姿勢の崩れをなくし、全身ひと塊で動いていく。
・下半身を居着かせず、左右に体重を移動させ続けるのが大事。

◯テイクダウンのテクニックの色々。
・6レベル …1.手首、2.肘、3.肩(及び首)、4.鼠径部、5.膝、6.足首の6つを使って相手を崩す。それぞれの関節をコントロール。足首は肩や腕など、他の部位から働きかけて力を加えるのがメイン。いくつかを組み合わせて使うのも良い。
・対角線で崩す …右肩から左腰、右腰から左足といった感じで、対角線に沿って力を加えることで崩す。
・伸ばす …攻撃してくる相手の動きを「伸ばす」ことで崩す。引っ張るのではなく、相手の力を利用して。
・回転で崩す …攻撃してくる相手の動きを使い、相手を回転させることで崩す。
・タッチで崩す …攻撃する相手に触れることで崩す。押すのではなく、相手の体表に沿って撫でるように。背が同じくらいの相手であれば頭を、届かない場合は肩を使ったり。
・片手で崩す …対ナイフの練習で紹介。以上のテクニックをもとに、ナイフで攻撃してくる相手を片手だけで崩す。

〈ナイフ・銃について〉
・ナイフ、銃ともに持ち変える練習が大切。
・銃は撃つだけでなく、鈍器としても使えるし、照星で切ったりすることも出来る。
・ナイフと銃の一番の違いは、距離。銃は手の届かないところからも攻撃できる。
・銃を持った相手は、刺激しないことが大切。むやみに何か仕掛けようとするとすぐに撃たれてしまう。
・手を上げるときに上げきってしまってはいけない。敵意の無さを示しつつも、胸元くらいのすぐに動き出せる高さに留めておく。
・アメリカの映画などでは相手に対して半身になって銃を構えたりするが、ロシア式ではそれはやらない。身体の正面を相手に向けて銃を構える。身体の側面から撃たれた場合、左右の肺と心臓が一気に破壊されたりして、内臓へのダメージが大きくなり致命傷になりやすいが、正面を向ければ的が広くなるリスクを負うものの、致命傷になりにくくなる。
・ナイフは一度刺しと持ち手が血で滑りやすくなる。だから親指や掌底をナイフの柄に当てるようにして、指が滑っても大丈夫なようにする。

〈間合いについて〉
・システマは接近戦重視。相手に働きかけやすいよう、安全な位置に入っていく。
・相手が立っているところに踏み込んでいくくらい。
・この時、左右の足で体重を踏み変えた歩きの練習が重要になる。
・相手に接触したら、手だけでなく体幹や足など全身のあらゆる部位を使って相手に接触し、常に動きを感じ取るようにする。
・相手の内側に入った際には、相手の自分に近い方の腕による攻撃が予想されるので、そこに手を添えたりして動きを封じておく。


◯個人的な感想
ピーターは、今後、少しずつ吸収していくためにたくさんの情報を伝えたとのこと。例えその場ですぐ出来るようにならなくても、徐々に自分のものにしていけばいいのかと思います。個人的に大きな収穫だったのは、「距離」のとらえ方。スペシャルクラスでは姿勢を整えつつ、体重の移動によって相手の立っている位置に割り込むという(文章で書くととてもややこしいことやってるみたいですね^^;;)練習をしたのですが、自分の立ち位置の移動だけでとても大きな効果が生み出せるのがとても新鮮でした。

また、ピーターのシステマは40年以上やっているという太極拳の影響が多分に感じられるのですが、それがお互いに矛盾すること無く、共存して相乗効果を起こしているのが印象的でした。他の武道をやりながらシステマをやると、どうしても他の武道のクセが出て、それが力みとなってしまいます。私もシステマの前に学んでいた武道のクセがついつい出てしまって、とても困った時期がありました。これに関して以前、シニア・インストラクターのエマニュエルが、「他の格闘技を研究するのはいいことだ。緊張だけ省いて、動きそのものを学ぶといい」ということをアドバイスしてくれたのですが、ピーターはそれを太極拳とシステマでやっていたように思えます。このことをピーターに伝えたら「それは太極拳もリラックスする武術だから、たまたまシステマと相性が良かった」との返事でした。システマと他の武道を弊習している人にとって、ピーターのあり方は参考になるかも知れません。

それにしてもとても良い経験になりました。ピーターと参加者の皆さん、そしてセミナーの運営を手伝ってくれたみなさんに深く感謝します。


R0035544_1.jpg

Tag:国内セミナーレポート  Trackback:0 comment:3 

Comment

ヨントス URL|素晴らしい!
#- 2010.12.02 Thu10:44
ピーターさんセミナーのまとめ、非常に参考になります。私は参加できなかったのですが、北川さんのメモを見て練習に取り入れたいと思います。
きたろう URL|Re: 素晴らしい!
#- 2010.12.07 Tue11:48
> ピーターさんセミナーのまとめ、非常に参考になります。私は参加できなかったのですが、北川さんのメモを見て練習に取り入れたいと思います。

役立ってなによりです! S本木さんもセミナーに参加されていたので、色々と聞き出してください。
ヨントス URL|
#- 2010.12.07 Tue20:06
そうですね。S本木さんにいろいろと聞いてみようと思います。最近は東東京トレーニンググループでピーターさんセミナーの復習をやっているのですが、元ネタを知らなかったので、北川さんのメモが非常に参考になりました。
comment form
(編集・削除用):
システマ本部認定クラス
WarriorLogoFullmini.pngrusslogo.jpg
システマ東京案内&問い合わせ先
正規システマクラス「システマ東京」では各種クラスを実施。全クラスとも参加者募集中、いずれも初心者大歓迎です。
クラスの詳細は公式サイト内グループレッスン情報をご参照下さい。講演、執筆依頼も受付中。
お問い合わせはContactまで。
プロフィール

TKHDKTGW

Author:TKHDKTGW
北川貴英:システマ東京主宰。株式会社アトス代表取締役。08年モスクワにて創始者ミカエル・リャブコより公式システマインストラクターとして認可。16年コンディショニングに特化した「INSTRUCTOR OF APPLIED SYSTEMA」に認可。首都圏を中心に各地で年間400コマ以上を担当。システマ関連書籍を多数執筆。教育機関、医療系シンポジウムなどでの講演、「Tarzan」「横浜Walker」「荻上チキのSession-22(TBSラジオ)」など各種媒体を通じてシステマを幅広く紹介。今なお毎年欠かさず海外研修に赴きスキル向上に努める。ヤングマガジン連載「アンダーニンジャ(花沢健吾著)」制作協力。執筆、講演依頼など随時受付中です。
システマ東京公式サイト
クラス日程
著書&DVD一覧
公式メルマガ登録フォーム

システマ東京カレンダー
個人レッスン受付可能枠
プライベートクラス、システマ・アプライド・コンディショニングは下記カレンダーにて受付枠をご確認のうえお申込みください。詳細とお申込はコチラ
メールマガジン登録
システマ関連情報やコラムを配信する週間メールマガジン「システマ東京ガジェータ」を希望される方は、こちらからご登録を。
システマ東京出張ワークショップ
システマ東京による出張WSです。初心者から経験者まで大歓迎。ご都合つく方ぜひご参加ください。
【西宮】2020/1/13
【岡山】 2020/1/18、19
【札幌】2020/3/8
【沖縄】2020/3/14,15
【山形】2020/3/20
【宇都宮】2020/3/21
【盛岡】2020/4/4
【秋田】2020/4/5
本部公認海外講師セミナー情報
2019年の予定
7月13、14日 東京 ダニール・リャブコ
7月20、21日 大阪 ダニール・リャブコ
11月16、17日 大阪 ヴラディミア・ヴァシリエフ
11月23、24日 東京 ヴラディミア・ヴァシリエフ
ドキュメンタリーDVD「強き祈りの手」
「体力をつけ精神力を高めることで、攻撃しない人間になれるのです」 システマの哲学と軌跡に迫るドキュメンタリーの日本語版。正教との関わりからノンコンタクトワークまで、システマのエッセンスが凝縮された充実の52分。主演:ミカエル・リャブコ 数量限定生産。
システマ書籍
ブログ内検索
システマDVD
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
BBS
会員制BBSはコチラ
システマクラスに継続的に参加されている方が対象です。
参加希望の方は「お名前」「所属クラス」「参加期間」を記入の上、フォームよりお申し込みください。