ブリージング・セミナー2日目

今回のセミナーはこれまでとはずいぶんと毛色が違った感じです。まず、汗をかきません(笑

もちろん、システマのトレーニングはしんどければ良い、というものではありません。動きの正確さやどれだけ自分自身を深く知っているか、ということがとても大事になってきます。現在はシステマがずいぶんと世に広まり、システマとはどういうものか、ということを理解する人も増えて来たので、その理解を進め
るのが狙いなのかな、と思ったりしました。

今日、おこなったのはストライクやグラップといった、武術的な技術の徹底的な見直しです。
パンチを打たれる時、打つ時、打とうとする時、グラップされる時、された時、されようとする時などなど、さまざまな局面において、どれだけ身体に緊張が生まれてしまうか、ということを丁寧に検証し、それをどうやって解していくのか、そしてそれを解すことでどんなことができるようになるのか、ということをやりました。

まずは前日行ったような、呼吸の停止とバースト・ブリージングを組み合わせたウォーミングアップ。続いては相手を押し込むドリル。相手に拳をめり込ませていくのですが、緊張が発生した瞬間に拳を止め、そのプレッシャーをキープしつつ、緊張した部位を解します。その後にさらに拳を突き入れて、再びリラックス。これを繰り返します。この時、ついつい足を踏ん張りがちなので、座ったり、寝たりしても行います。

あとは胴体をリラックスさせたまま、腕や足だけを動かすトレーニング。
これはパートナーに腕や足を持ってもらうのですが、腕や足につられて胴体まで固まると、動きがつかえてしまいます。そこで呼吸をして、胴体の緊張をほぐして行きます。似たドリルは以前、モスクワでも行い、前期の朝日カルチャーでも「末端の力」と称して紹介したのですが、それをずっと深めたようなものでした。

続いてはこの2つの体の使い方を合体させて、相手を押すエクササイズ。座ったり、寝たりしながら。
あと、拳で相手の全身をとらえてプッシュするのと、そうでないプッシュの違いを検証したりしました。

で、ヴァレンティンもまた同様のコンセプトのドリルを。
他者の攻撃に対してどのように緊張してしまうかを知り、それを解していきます。
ヴァレンティンによると、緊張の中心となりがちなのが、拳や膀胱、肛門といった下腹部のあたり。
まずはそこに力をこめ、呼吸と共にリラックスする、というエクササイズを。

続いて腹部全体に拳を入れて行くマッサージ。この時も受ける側は呼吸を限界まで止める→バーストブリージング、という今回のセミナー特有の呼吸を行います。バーストブリージングの時に、お腹をちょっと激しく拳で解したり、パンチを入れたりします。

次はパートナーと何パターンかの距離で向かい合い、快適な位置を探します。自分が相手をコントロールしやすい距離ですね。その距離を見つけたら、相手の肩に手を置き、おかれた側は相手の緊張を探って、力をいれないように気をつけながら、プッシュします。

あとはプッシュが強くなったり、パンチになったり、つかんでくるのが早くなったり、といったパリエーションです。常に緊張を意識し、見つけ次第リラックスするのが大事です。なので、それができるくらい、ゆっくりと丁寧な練習をこころがけます。それと、今日は寝た状態でさまざまな体位をとり、息を止める→バーストの呼吸で体をほぐしたり。

最後はヴラディミアのリードで、この日に学んだことを全て活かして、つかんでくる相手を崩したり、パンチをしたりといったドリル。

とまあ、今回のセミナーは徹底的に自分の緊張をAnalyzeし、解消していくのがテーマなのです。

それと個人的に意外な発見だったのが、「blood pressure」という言葉の意味。直訳すると「血圧」なので、コレステロール値があがると上がってしまったり、寝起きの女性が低かったりするアレかと思っていたのですが、そうすると、話の辻褄がどうもあわない部分が出てくるのです。
今回のセミナーではひんぱんにblood pressureという言葉が出てくるのでとても気になっていたのですが、これは一般的な意味とはちょっと違って、呼吸が与える血液への圧力のことを言っているようなのです。前者の意味だと、呼吸によって交感神経、副交感神経を制御して、心臓の脈拍や血圧をコントロールする、という意味になります。もちろん、それもあるのですが、どうも呼吸によって血流そのものを動かし、筋肉に代わる動力とする、といった感じなのです。例えばパンチをする時であれば、筋肉の収縮で打つのではなく、拳に血液をどっと送り込んだ力で打つ、といったニュアンスでしょうか。体は筋力や骨、重力で動くものと思っていた私には、この発想はとても斬新でした。

まあ、ちょっと文章だと表現しにくいのですけれども、そのことに気づいたおかげで、ずいぶんとシステマ的な身体観が理解できたように思えます。その辺は明日あたり、もうちょっと理解を深めたいところです。

ただ、今回のセミナーでやった呼吸法はビギナーの方にはあんまりこればかり教えないように、とのこと。なぜかというと、これはある程度、「システマとはなにか?」ということを理解した人達が、その理解を深めるために用いるひとつの方便であって、初心者への導入ではないから、ということです。


ほかに印象に残った言葉は次のような感じ。ヴァレンティンとヴラディミアは良いことをたくさん言っていたはずなのですが、北川の英語力の問題でずいぶんと聞き漏らしています。あとで一緒に参加したIさんにも色々と教えてもらおうと思ってます。

今日はヴァレンティンのお話からの抜粋がメインですね。

「体を鍛えるのはあくまでも二の次。目的はメンタルを鍛えるということ」

「指導をする時、生徒にムリに限界を超えさせてはいけない。呼吸をしていれば、自ずと徐々に超えて行く」

「骨盤が柔らかく動くのが大事。ここが固まると足なども固まり、パンチを受けた時にダメージが残ってしまう」

「首、胸、腹部には目に見えない緊張が起こりやすい。これらは動きを妨げる」

「サイキ、感情、身体の各階層に緊張が起こる。これらはキャベツの葉っぱのように、積み重なっていく」

「温度差もまた、身体へのストレスとなる。例えば寒い時には身体の機能が低下し、極寒の中では20分もすると死んでしまうこともある。呼吸によって機能の低下を防げば、体温も発生して、なん時間かは生き延びることができる」


もしかしたら今回のセミナーもDVD化されるかも知れませんので、楽しみです。

Tag:海外セミナーレポート  Trackback:0 comment:1 

Comment

ヒデ URL|言語の壁
#- 2009.11.26 Thu18:09
聖書の冒頭で「最初に言葉があった」と云われているように今後は言葉がキーになっているように感じました。 
それと深く自分自身を分析ですね。
貴重な経験されて羨ましい限りです。
comment form
(編集・削除用):
システマ本部認定クラス
WarriorLogoFullmini.pngrusslogo.jpg
システマ ライジス イン ジャパン参加受付中
10/7-9 本邦初マスターと過ごす富士合宿。システマを全身で体験する2度とない機会をお見逃しなく!
minifuji.jpg
システマ東京案内&問い合わせ先
正規システマクラス「システマ東京」では各種クラスを実施中。いずれも初心者歓迎です。
詳細はクラス情報をご参照下さい。
お問い合わせはContactまで。
プロフィール

TKHDKTGW

Author:TKHDKTGW
北川貴英:システマ東京主宰。08年モスクワにて創始者ミカエル・リャブコより公式システマインストラクターとして認可。16年コンディショニングに特化した「INSTRUCTOR OF APPLIED SYSTEMA」に認可。首都圏を中心に各地で年間400コマ以上を担当。システマ関連書籍を多数執筆。教育機関、医療系シンポジウムなどでのセミナーや各種媒体を通じてシステマを幅広く紹介。今なお毎年欠かさず海外研修に赴きスキル向上に努める。
システマ東京公式サイト
クラス日程
著書&DVD一覧
公式メルマガ登録フォーム

システマ東京カレンダー
システマ東京イーストジャパンツアー
システマ東京による東日本巡回WSです。初心者から経験者まで大歓迎。ご都合つく方ぜひご参加ください。
【群馬】7/30(日)システマ群馬&太田主催
海外講師セミナー情報
〈富士合宿〉ミカエル&ダニール・リャブコ
2017年10月7日〜9日
ドキュメンタリーDVD「強き祈りの手」
「体力をつけ精神力を高めることで、攻撃しない人間になれるのです」 システマの哲学と軌跡に迫るドキュメンタリーの日本語版。正教との関わりからノンコンタクトワークまで、システマのエッセンスが凝縮された充実の52分。主演:ミカエル・リャブコ 数量限定生産。
システマ書籍
ブログ内検索
最新記事
おすすめショップ
〈システマDVD&システマグッズ〉
システマジャパンショップ
システマ大阪ショップ
QRコード
QRコード
BBS
会員制BBSはコチラ
システマクラスに継続的に参加されている方が対象です。
参加希望の方は「お名前」「所属クラス」「参加期間」を記入の上、フォームよりお申し込みください。